otakuhouse

Singapore観光

高校の友人がシンガポール赴任になったので、顔見るついでに普通の観光旅行に行きました。4日間もあったけど、カメラが水没して途中で壊れてしまったので、1日半分の写真です。

f:id:otakuhouse:20191102214628j:plain
Chinetown

f:id:otakuhouse:20191102214646j:plain
Chinatown
f:id:otakuhouse:20191102215225j:plain
Chinatown
f:id:otakuhouse:20191102220812j:plain
チャイナタウンの日用品店
f:id:otakuhouse:20191102221331j:plain
タピオカ屋。行列はできていなかった。
f:id:otakuhouse:20191102221627j:plain
ハブの広告
f:id:otakuhouse:20191102221830j:plain
白人も多い。
f:id:otakuhouse:20191102214839j:plain
にわか雨が多いけど、ダウンタウンはショップハウスの軒先がたくさんあるので、傘は不要だった。
f:id:otakuhouse:20191102215038j:plain
バンブルビー
f:id:otakuhouse:20191102222335j:plain
インド系のパレード
f:id:otakuhouse:20191102222431j:plain
インド系のパレード
f:id:otakuhouse:20191102222512j:plain
インド系のパレード
f:id:otakuhouse:20191102222544j:plain
インド系のパレード
f:id:otakuhouse:20191102223030j:plain
インド人の店。人種同士の隔たりはなんだかんだあったと思う。
f:id:otakuhouse:20191102222641j:plain
日本の戦車
f:id:otakuhouse:20191102222724j:plain
銀輪部隊
f:id:otakuhouse:20191102222843j:plain
博物館の鏡
f:id:otakuhouse:20191102222916j:plain
金が余り過ぎて狭い国土なのにモールが無限にある。
f:id:otakuhouse:20191102223132j:plain
高知フェア。日本は食での存在感は強かった。
f:id:otakuhouse:20191102223246j:plain
肉骨茶というシンガポール名物。福建省がルーツ。もともとは肉体労働者の食べ物らしい。
f:id:otakuhouse:20191102223429j:plain
肉骨茶のサイドメニュー
f:id:otakuhouse:20191102223513j:plain
ラクサというシンガポール名物の麺。中国でなく東南アジアがルーツらしい。
f:id:otakuhouse:20191102223639j:plain
四川料理の店。流石に中華料理は守備範囲が広い。
f:id:otakuhouse:20191102223735j:plain
四川の魚料理。もちろん川魚。
f:id:otakuhouse:20191102223819j:plain
四川料理の店。
f:id:otakuhouse:20191102223904j:plain
空港の両替屋でSIMカードを売っていた。高額紙幣をSIMカード購入で崩すこともできる。ユーザ体験が異常に高い。1,200円/7日。
f:id:otakuhouse:20191102224333j:plain
海は汚いと言われるけど、日本よりは綺麗であった。


シンガポールは短く密度の濃い歴史、無国籍風な雰囲気、独裁政治、世界有数の経済大国、と特徴がたくさんあって、間違いなく客観的に言って特別な国の一つだと思うし、ちょっと不思議な雰囲気のある国でした。