otakuhouse

gpxファイルまたはtcxのファイルをGarminデバイスでナビゲーションとして使用する

f:id:otakuhouse:20210509174444p:plain gpxファイルのルートをGarminバイスでナビゲーションとして使用する方法。 ※Windowsの手順です。

コース編集画面起動


Garmin Connect |を開く。

f:id:otakuhouse:20210509172907p:plain ▲左メニューの「トレーニング」→「コース」

f:id:otakuhouse:20210509173125p:plain ▲「データのインポート」

f:id:otakuhouse:20210509173236p:plain

▲記載の指示通り「参照」を押してエクスプローラからファイルを選択するか、エクスプローラからドラッグしてくる。

f:id:otakuhouse:20210509173612p:plain

▲「はじめに」を押下して次に進む (違和感があるがおそらく翻訳が間違っている)。

ルートの保存


f:id:otakuhouse:20210509173813p:plain

▲プルダウンメニューから何らか選ぶ。

f:id:otakuhouse:20210509173915p:plain

▲「続行」押下

f:id:otakuhouse:20210509174026p:plain

▲「編集✎」を押下

f:id:otakuhouse:20210509174501p:plain

▲名前を入力して✔押下

f:id:otakuhouse:20210509174907p:plain

▲「新しいコースを保存」

バイスへの送信


f:id:otakuhouse:20210509175248p:plain ▲「デバイスへの送信」押下

f:id:otakuhouse:20210509175432p:plain ▲送信したいデバイスに✔を入れる

f:id:otakuhouse:20210509175607p:plain ▲「Garmin Expressを起動」の✔を外します。

Garmin Expressを使うとWindowsから有線でデータをインポートします。Garmin Expressを使わない場合は、モバイルアプリのGarmin Connect*1*2からBluetoothで転送します。基本的には後者の方が便利だと感じているので、本稿ではGarmin Connectを使った方法についてはサポートしません。

f:id:otakuhouse:20210509180217p:plain ▲「デバイスへの送信」押下。

後はGarminバイスとペアリングで来ているモバイル端末から、Garmin Connectのアプリを開けば同期が勝手に始まり、コースがインポートされます。