otakuhouse

Garmin Edgeシリーズを使ったナビ機能の使い方

GarminのEdgeシリーズを使ったナビ機能を使う方法を紹介します。

ここに書いてある方法はすべて検証済みの内容ですが、Garminファームウェアや、Webサービス側のアップデートが発生すると、常に正しいとは限りません。

気づいたことがあれば加筆・修正したいので、コメント等いただけると嬉しいです。

 

f:id:otakuhouse:20170205181211j:plain

まえがき

ガーミンのナビ機能を使っている人が、少ないことに気づいてしまったのですが、一つの理由に、そもそも使ったことがない、使い方が分からない、というのがあるようです。

 

iPhone等に対してガーミンをナビに使うことには、

  • オフラインでも使える(iPhoneも一部のアプリはオフラインでも使える)
  • 地図を見るためにiPhoneの電池を使うことがない

という優れている点があります。

いつも走ってる峠を何度も登ったり、家の周りをグルグルするだけのシリアスライダーには無縁の利点かもしれません。

が、新しいルートを継続的に試すようなツーリング要素の高い楽しみ方をするファンライダーは積極的に使うべきです。

 

気になってガーミンの公式のカタログを見てみました。

ナビに関してはこのくらいの記述でした。

これは見せ方の問題ですが、このキャプチャ画像と文言はEdgeシリーズのナビ機能の説明としては全く不適切です。

f:id:otakuhouse:20170205122540p:plain

www.garmin.co.jp

 

ガーミンのナビ機能の使い方

自分が使っているものを紹介します。

 

Garmin Connectを使う

Garmin Connectのいいところ

- 作ったルートがGamin Connectのアカウントに紐付いて保存される

- PCを使わなくてもGarminのサイコンにDLできる

- ルート作成のにGoogle MapsとOpen Street Mapが両方使える

- 地図上の道を無視してルートがひける

 

Garmin Connectのルート作成方法/ダウンロード方法

ここにまとめました。

www.otakuhouse.org

 

Stravaを使う

Stravaの良いところ

- オフロードのルートを引くのに強い。

- 等高線が書いてある

Staravaの悪いところ

- 国道、県道、白道の区別がつかないので、オンロードのルートを引くのが難しい

- 鉄道の表示がわかりにくい。駅名はほとんど嫁な語り、書いていない。

 

工程は3つに分かれます。

  1. ルート作成
  2. StravaからPCへルートのダウンロード
  3. PCからGarminへルートのダウンロード

 

Stravaを使ったルートの作成/ダウンロード方法

ここにまとめました。

www.otakuhouse.org

 

Google Mapsを使う

Google Mapsの良いところ

ルートの作成そのものは手軽。

 

Google Mapsの悪いところ
  1. 標高の情報が入らない
  2. 交通量の少ない道の情報が不足・不正確
  3. 道に沿ったルートしか引けない

操作は簡単だけど、情報が不足していて、かつ小回りが効かないので、本気のパスハンティングには向いていないです。

 

Google Mapsを使ったルートの作成/ダウンロード方法

ここにまとめました。

www.otakuhouse.org

 

Google My Mapを使う

Google My Mapの良いところ

ここにまとめました。

www.otakuhouse.org

 

Google My Mapの悪いところ

 

  1. バグが多い
  2. 標高の情報が入らない
  3. 交通量の少ない道の情報が不足・不正確
  4. 道に沿ったルートしか引けない

1のバグが多いはユーザの少なさ故の、バグレポートとGoogle社内のリソースの不足によるものと思います。 

2~3は前述したGoogle Mapと同じです。

 

Google My Mapsを使ったルートの作成/ダウンロード方法

ここにまとめました。

 

www.otakuhouse.org

 

ルートラボ

実は自分でルートを引いたことがないので、使用感についてはほとんど分からないです。

 

ルートが引けたらページ下部のGPXをダウンロードしてください。

f:id:otakuhouse:20170205180528p:plain

 

 

 

随時更新していきたいので、情報お待ちしています。