otakuhouse

Critical Cyclingでインタビューを受けました

BIKE2SAUNA Meeting #2 IBIに参加していただいた、情報科学芸術大学院大学

Masayuki Akamatsu博士よりインタビューを受けました。

 

https://i2.wp.com/criticalcycling.com/wp-content/uploads/2017/12/Face-ID-1.jpg?resize=512%2C512

 

criticalcycling.com

インタビュー記事はこちらから 

 

 

今回のインタビューは2つの意味でいい機会でした。

 

普段ツーリングしてない人の視点からの見方が分かった

自分では自分自身のツーリングやそのレポートのいいところは、行程の激しさではないし、所詮、自分はたまの休みに海外ツーリング行く人くらいの認識でした。

むしろ、世界一周とかしている人たちが行かないところにスポット的に行ったり、そういう人たちがしない粒度や観点でレポートを書くことを意識していました。

でも、そうじゃない側の人から見たら過激に映るものなんですね。

 

 

普段かけないことが書けた

「なぜツーリングに行くのか」など、根本的な質問を受け、改めて自分の考えを整理することになりました。

自分の中の話だけど、自分ひとりで記事を書いていたら一生言語化されないことだったので、いい機会となりました。

 


 

 

Critical Cyclingとは

タイトルのCritical Cyclingについて。

ブログ内で以下のような説明がされています。

クリティカル・サイクリング(Critical Cycling)は、サイクリングを楽しみ、その批評性を探求する任意グループです。岐阜県大垣市にあるIAMAS(情報科学芸術大学院大学)を中心に2016年4月より活動をしています。

どれも頭の中で考えた理論やポエムだったり、企業に書かされた実質のプレスリリース記事ではなく、ほとんどの記事がちゃんと独自の取材や調査をもとに作られていて、ジャーナリズムのあるメディアです。